大手引越業者 VS 中小引越業者 メリットとデメリット

引っ越し業者は大手と中小合わせて200社以上あります。
テレビCMや友人の口コミでよく聞く大手の業者から、
名前は知らないけど格安で引っ越しができる中小の業者など様々です。

では、それぞれのメリットとデメリットはどういう点でしょうか?

大手引越業者

大手のメリット

対応エリアが広い

全国各地に支店があるため、地方への引っ越しも便利です!

丁寧な対応

梱包資材や壁の養生などしっかりと対応してくれるため、
荷物が破損したり、引っ越し先の壁に傷がつくなどは滅多にありません。

box

充実した保証内容やサービス

引っ越しの最中に万が一、荷物が破損したり、事故に遭遇した場合でも、
しっかりとした保証があるため、とても安心です!

また引っ越し後の段ボール箱回収や、エアコンの設置、
粗大ゴミの処分などのサービスもあります。

デメリット

引っ越し費用が高い

サービスがしっかりしているため、そのぶん費用が高くなります。
単身引っ越しで荷物が少ない場合でも3万円近くかかります。

移動距離や荷物の量によって費用は変動しますが、
全体的に価格が高くなる傾向にあります。

値引きが難しい

引っ越し業者によっては、交渉次第で値引きをしてくれますが、
大手の引っ越し業者は比較的、値引きが難しい傾向にあります。

どうしても値引きたい場合は、他社の引っ越し業者と比較した金額を提示し、
粘り強く交渉する必要があります。

大手引っ越し業者 一例

  • アリさんマークの引越社
  • アート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アーク引越センター
  • 日本通運

中小引越業者

中小のメリット

大手に比べて値段がとても安い

大手で見積もりを出した際に3万円近くしたけれど、
中小業者で見積もりをしたら2万円以下で提案がきたなど、よくあります。

サービス内容は大手とそこまで変わらない場合があるため、
とにかく費用を抑えたいときにはオススメです!

値引き交渉がスムーズ

中小業者はサービス内容が似たような場合、価格競争になります。
単身引っ越しの場合、どこの業者でもサービスが大きく変わらない場合、
少しでも安い業者を選ぶ人が多いです。

そのため、中小引越業者は少しでも値段を下げて自社を使ってもらおうと必死になります。
その時に他社の見積もり金額と競わせることで、大幅に値下げが可能です。

中小のデメリット

対応エリアが狭い

値段が安いけど自分が住んでいる地域の近くに支店がないため、
引っ越しができない場合があります。

サービスの質にムラがある

トラブルの場合の保証や追加費用の有無など、事前に確認しておかないと、
引っ越し後に後悔する場合があります。

また大手と比較して作業員の教育にムラがあることが多く、
荷物の運び方が悪かったり、靴下が汚いなど、
気になる点をよく目にします。

もちろん業者や作業員によって異なりますので、
丁寧な対応をしてくれること業者もあります!

中小引っ越し業者 一例

  • アップル引越センター
  • ケーエー引越センター
  • ハロー引越サービス
  • ファミリー引越センター
  • SOCIO引越センター

大手と中小でそれぞれメリットとデメリットがあります!

引越し業者

大手と中小引越業者の中から1番お得な業者を見つける!

まずは大手と中小で複数の業者に見積もりをして、
サービス内容と費用を提案してもらいましょう!
無料の一括見積もりサービスを使うと便利です!

サブコンテンツ

このページの先頭へ