単身赴任の引越しで注意すべきことは?

勤務先の辞令により単身赴任をすることが決まった場合、赴任先へと引越さなくてはいけません。この場合に注意すべきこととしてはまず、家財道具一式は置いていかなくてはいけないということです。自分が全部持っていくとなると、残された家族の生活が非常に不便になります。

そのため、自分用として新しく家財道具を用意しなくてはいけませんが、これは赴任先で必要に応じて買い足していきましょう。引っ越し前に購入すると、業者にお願いする場合には荷物量が多い分、料金が高くついてしまうからです。

また、家財道具に関しても、必ずしも購入しなくてはいけないというわけではありません。家具家電が完備されている賃貸住宅もありますし、引越し業者の中にはレンタルサービスを行っているところもあります。かかる費用のこと、単身赴任をする期間などを考慮に入れて、新しく購入するかどうするかを決めると良いでしょう。

また、単身赴任の引っ越しで業者に依頼する場合には、単身向けのサービスを利用するとよいでしょう。ファミリー向けとは異なり荷物量が少ない人のためのサービスとなっており、その分リーズナブルな料金になっているのが特徴です。

なお、今は多くの業者が単身引っ越し向けのサービスを取り扱っています。より安く、サービスの良いサービスを提供してくれる業者を探すためには各社のサービス内容を比較しなくてはいけません。

ただ、一社ずつ見積もりを請求していたのでは時間と手間がかかり過ぎるため、無料で使えるネットの一括見積もりサービスを活用すると良いでしょう。単身引っ越しを参考に、後悔のない業者選びにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ