引越し料金の相場ってどのくらい?

引越し費用は、下記基準で決定します。

  1. 荷物の量
  2. 移動距離
  3. 移動時期

荷物の量によって引越し費用が変わる

作業員の人数やトラックの台数、往復の有無などが決まります。荷物が少なければ少ないほど、引越し費用は安くなります。

移動距離によって引越し費用が変わる

都道府県をまたいで引越しをするなどの長距離移動の場合は、トラックのガソリン代や高速道路の費用がかかるため、引越し業者は高く見積もりをします。同じ市区町村内での近距離引越しの場合は、格安で引越しをすることができます。

移動時期によって引越し費用が変わる

移動時期も重要です。4月からの新生活に向けて、2月から3月の新生活準備期間に引越しをするひとが多くなるため、この時期は引越し業者にとって繁忙期となります。繁忙期は、引越しをしたいお客がたくさんいるわけですから、引越し業者も忙しくなります。つまり、2月や3月のタイミングで引越しをすると引越し費用が割高になる可能性が高いです。

さらにいうと、曜日によっても費用が異なります。平日と土日の場合、学校や仕事が休みである土日に引越すひとが多いです。逆に平日に引越すひとは少ないため、平日が狙いどきだといえます。また深夜に引越すこともできますが、料金が割高になるため、平日の昼間に引越すことで費用を抑えることができます。

以上のことをまとめると、荷物の量をできるだけ減らし、引越しをするタイミングを見極めることが引越し費用を安くする鍵となります。

では引越し料金の相場をみていきます。

引越し見積もりシミュレーション

1万円から2万円前後の引越しプラン

1万で引越しをしたいひとは、近距離引越しでかつ荷物が少ないひとのみが対象となります。一人暮らした単身赴任などのひとむけの単身パックがオススメです。サカイ引越しセンターやハート引越しセンターのような引越し業者の単身パックを選ぶことで、1万から2万円前後に収めることができます。さらに安く引越しをしたいひとは、赤帽を使えば安くなります。赤帽は引越し業者ではなく、荷物の運送業者のため自分で荷物の搬送をしなければならないので、負担も大きいです。

引越しシミュレーション

3万円引越しプラン

同じ都道府県の引越しの場合、荷物が少なければ相場としてだいたい3万円ほどあれば引越しをすることができます。大手の引越し業者で十分なサービスを受けることができ、ダンボール箱の無料プレゼントや無料回収、ハンガーボックスの利用など、オプションがついてきて引越しができる料金です。

引越しシミュレーション

5万円以上の引越しプラン

長距離の移動の場合や、家族で引越しをする場合は、5万円を超えてきます。荷物の量が多く、作業員の人数も増え、トラックの大きさも変わってきます。5万円以上の引越しの場合は、引越し業者によって、費用の見積もり金額が大きく異なってきますので、複数の引越し業者を比較することで、1〜2万円安くなる場合もあります。

引越しシミュレーション

ざっくりですが上記相場となっています。

各プラン共通のこととして、複数の引越し業者へ見積もりをだして比較することで安くすることができます。引越し業者は、他社の業者と比較されているということで、少しでも費用を安くして、お客さんに自社のサービスを使ってもらいたいと考えるからです。

引越し業者

無料一括見積もりサイトで引越し料金の相場を把握したい方はコチラ

引越し価格ガイドのような無料一括見積もりサイトを使うことで、各引越し業者から無料で引越し費用のシミュレーションを提案してもらえますのでとても便利です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ